上司のご機嫌取りのための全身脱毛

私が社会人生活を始めて2年目の時のことです。
当時の上司が定年退職を迎え、新たな上司として女性が配属されてきました。

年齢は私の母と同じぐらいで、裏表が無くて親しみやすい人でした。
しかしある日、事件が起こったのです。女性上司の歓迎会を開いて場が盛り上がってきた頃、突然上司が本音を漏らしたのです。
内容は、毛深い男性は恋愛対象にならないといったものでした。

当時の私は新しい上司のことが気になっており、心に鋭利な刃物を突きつけられたような気分になったので、慌てて翌日に全身脱毛の予約を行いました。サロンは人気が高いお店だったようで、最初の施術開始まで半月待たされました。

何度か人気のサロンに通って、私はようやくツルツルの肌を手に入れることができました。それに気付いた上司は上機嫌で、何度か私を飲みに誘ってくれました。

無事に上司と付き合うことになった今でも、定期的に全身脱毛を受けにサロンへ通っています。今度の目標は、上司と婚約することです。